FD830 Blog Truck-Channel

h1 { font-size : 120%; }

 FD830ブログ トラックチャンネル  昭和の懐かしい旧型トラックと、ゲテモノ系トラックに力を入れていきます。 ただいまカテゴリーの整理中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2
にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村
【新作トラックプラモデル】アオシマ フジミ

全国完全無料出張査定!(離島含む) トラック・バン高額買取りなら【トラック買取.com】

三菱ふそう T951セルフローダー その3 シャシー・架装編 北関東旧型トラック特集4

CIMG3708.jpg

CIMG3573.jpg

第3回目は、シャシー・架装編です。

CIMG3586.jpg

差し込み式の取り外し可能な小さなアオリが付いています。
よく見たらボデー最後部にもこの差込みがあるので、横全部にアオリが付き
平ボデーのようにもなったようです。
現代のセルフローダーにも前部だけ小さなアオリが付いてるのを見かけますが、昔の名残りなのでしょうか。

その下にはのリベット止めされた大きな補強板(ガゼット?)が。

CIMG3575.jpg

車体を傾ける装置、アウトリガーがシャシーフレームのすぐ横に取り付けられているのが分かります。

CIMG3797.jpg

タダノのコーションプレート
47年8月との打刻がありました。トラックの年式も47年(1972年)でしょうか。

CIMG3585.jpg

操作レバー
その隣は・・・

CIMG3583.jpg

エアータンクです。
後期最終型は右へと変更されたようです。

CIMG3596.jpg

CIMG3602.jpg

リアです。
テールランプは現代の日野用に交換されていましたが、当時標準の丸テールに合わせるかのように、楕円形になっています
テール真ん中の下にあるのは自動歩み板用のシリンダー?ウインチ?
鳥居は意外にシンプルで華奢な感じも。

CIMG3605.jpg

CIMG3606_20140308115736d64.jpg

ボデー裏側です。元々は赤シャシーだったようです。
シャシーフレーム間に見えるのは、やはり自動歩み用のシリンダーでしょうか。

CIMG3808.jpg

トラニオンシャフトが、2軸間中央ではなく左側の駆動軸側に寄っていて、6x2駆動の引きずり
ということが分かります。

CIMG3809gc.jpg

タイヤはバイアス横溝のラグタイヤ。
左はヨコハマのY767?ホイールはリベット併用型。
右はBSのUラグ(UL)?でしょうか。どちらも旧ロゴがレトロです。

見難いですが、ハブには三菱の『スリーダイヤ』があるのが分かります。

CIMG3616.jpg

リアサスペンションです。一見普通のトラニオンですが・・・

第3軸目のデッド軸『引きずり』は、車軸がハブセンターより地面に向かってオフセットされて
いるのが分かります。
トルクロッドは片側から押し込んで固定するようで、現在の物とは固定方法が違いますね。

リーフスプリングは薄く枚数が多いです。
車体が傾きサスが動いている状態というのを考えても、リーフが地面に対して角度が付いている気がします。

CIMG3685.jpg

おまけのHDR画像です。

他にも古い重機などが転がっていましたが、地盤は緩くとても車庫だったとは思えません。
二度と使わないつもりでここに運び込まれたとしたら、何だか寂しいですね。
錆の進行が気になりますが、これからも変わらぬ姿を見せ続けて欲しいです。



以上で3回に渡ってお伝えしたT951の記事は終わりになります。
今春リリースされる、1/32プラモデルの製作の参考になりましたら幸い
です。




1/32 T951の箱車 ☆兄弟星☆

関連記事
スポンサーサイト


web拍手 by FC2
にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村
【新作トラックプラモデル】アオシマ フジミ

全国完全無料出張査定!(離島含む) トラック・バン高額買取りなら【トラック買取.com】

Comment

2014.03.13 Thu 17:42  

改めて思いますが、トラックは同じように見えても、架装や年式によって違いがあり、奥が深いですよね。

アウトリガーは随分フレーム寄りについているんですね。
少し安定性に不安を感じますが。

タダノも昔は、多田野鉄工所?だったんですね。

エアータンクは左側に取り付けられていた事も知りませんでした。

足回りは40年前も、パッと見た目は最近のトラックとあまり変化が無いように感じましたが、トルクロッドの取付け方が違うんですね。

3軸目の車軸は何故オフセットしているのでしょうね?
走行安定性なのか、低床にする為なのか?

それにしてもかなり、ジックリと観察されていたんですね。
お一人で行かれたのでしょうか。
家族がいると、なかなかゆっくりとは見学出来ないですよね。

30分くらい、アッと言う間に過ぎちゃいますよね。

とても参考になりました。

  • #-
  • とうえい
  • URL
  • Edit

2014.03.14 Fri 10:40  

駆動軸に荷重を懸ける為で、最近の25トン車は荷重計センサーとかキックアップ式で「無理やり」軸重10トン未満に対策されています。昭和43年頃のいすゞはダンプ、ミキサー系をひこずり6x2から後押し6x2におかしな変更をしました。このモデルはデフのセンター後部に大きいショックを取り付けて「1本タイプと2本タイプ」駆動軸荷重対策されていました。後方から見ると2デフと勘違いするので、だましツーデフと業界では呼びました。45年にニューパワーエンジンに変更時消滅し短命の貴重なモデルで、自重が軽い為積載量の多い車量でした。

2014.03.15 Sat 09:54  Re: タイトルなし

> 改めて思いますが、トラックは同じように見えても、架装や年式によって違いがあり、奥が深いですよね。

本当にそうですね。
おなじメーカーの同年代でも、ユーザーさんの仕様で違いがあって面白いです。

> アウトリガーは随分フレーム寄りについているんですね。
> 少し安定性に不安を感じますが。

外側に固定のほうが安定性は良いですよね。
 

> 3軸目の車軸は何故オフセットしているのでしょうね?
> 走行安定性なのか、低床にする為なのか?

真相はわかりかねますね。その形状から、どうやら前世代のT390の足回りの流用だったような気がします。


> それにしてもかなり、ジックリと観察されていたんですね。
> お一人で行かれたのでしょうか。

もちろん一人ですよ!こんなにじっくり撮っていたら、大クレームですよ(汗

2014.03.15 Sat 10:01  Re: タイトルなし

昭和43年頃のいすゞはダンプ、ミキサー系をひこずり6x2から後押し6x2におかしな変更をしました。
なぜそのような変更をしたのでしょう?

このモデルはデフのセンター後部に大きいショックを取り付けて「1本タイプと2本タイプ」駆動軸荷重対策されていました。
興味深い装置?ですね。

後方から見ると2デフと勘違いするので、だましツーデフと業界では呼びました。

そのまんまですが、面白い呼び方ですね。

2014.03.15 Sat 21:39  

思い出しました。43年、44年頃に7トン半が中心の時代に10トンに大型化されようとした時、量販のダンプはボンネットの6TWかTPぐらいで荷台寸法が4.5mしか無く、さし枠過積載が当たり前の時にT951と後押しTM「ボンネとキャブ」が4.7m出して人気を得、その後すぐニューTCとT931が4.9m、追ってTMKとなり、ニューパワーZから5.1mになり後全社5.1mに統一されました。が、いすゞがまたも奇襲作戦V10時で5.3mを出し驚かしたが、実用性不具合「ダンプ時つかえる、前浮き等で不人気」で元の5.1mに戻り現在も同寸です。TMの後押し10トンダンプ「元は後前軸はシングルタイヤ」の件はいすゞのみ前2軸がないので、対抗の軽量10トンのつもりだったと思います。高度成長期でプラントや新型採石場があちこちに出来、大量輸送に活躍したモデル。因みに当時TMの後押し「215ps」で濡れ砂なら27トン、TCは4.9mで30トンが相場でした。なぜか2デフ車は高額の為か砂運搬にはいませんでした。

2014.03.16 Sun 10:04  Re: タイトルなし

> 思い出しました。43年、44年頃に7トン半が中心の時代に10トンに大型化されようとした時、量販のダンプは
ボンネットの6TWかTPぐらいで荷台寸法が4.5mしか無く、さし枠過積載が当たり前の時にT951と後押しTM「ボ
ンネとキャブ」が4.7m出して人気を得、その後すぐニューTCとT931が4.9m、追ってTMKとなり、ニューパワーZから5.1mになり後全社5.1mに統一されました。が、いすゞがまたも奇襲作戦V10時で5.3mを出し驚かしたが、実用性不具合「ダンプ時つかえる、前浮き等で不人気」で元の5.1mに戻り現在も同寸です。TMの後押し10トンダンプ「元は後前軸はシングルタイヤ」の件はいすゞのみ前2軸がないので、対抗の軽量10トンのつもりだったと思います。高度成長期でプラントや新型採石場があちこちに出来、大量輸送に活躍したモデル。因みに当時TMの後押し「215ps」で濡れ砂なら27トン、TCは4.9mで30トンが相場でした。なぜか2デフ車は高額の為か砂運搬にはいませんでした。


ベッセルの長さにはそんな経緯があったんですね。
いすゞに前2軸のダンプが無かったのは意外です。あのいすゞ独特の前軸軸間の広いのが仇となったのでしょうか?
製品輸送で3軸ワンデフの需要があったんですね。

2014.06.10 Tue 07:50  承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2014.06.10 Tue 20:09  Re: タイトルなし

はぎてつ様

> 気になってこちらも確認させてもらいましたがリアに見えるのはウインチモーターだったんですね

僕自身も撮影時はウインチとはまだわからなかったんですよね。

> 後部のパーツはよく見るとピントルフックじゃないかと

この部分も未確認ですが、ピントルフックやウインチのフック?のような物に見えますよね。

どちらももう少し詳しく見たら・・・と、ちょっぴり悔しいです。








(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://fd830.blog121.fc2.com/tb.php/596-ed8afc63

この記事にトラックバック(FC2Blog User)


Home

PR.


プロフィール

FD830

Author:FD830
はじめまして。
月に一度は、山間部・農村部方面にドライブへ行き、草ヒロ探索を楽しんでいます。
昭和の匂いのする物や風景が好きです。
また、新・旧アメリカンなモノも好きです。

コメント・メッセージお気軽にどうぞ!

FD830に成りすましたキ〇ガイとは、当方は一切関係ございません。
キ〇ガイ・荒らしの『キモ微』対策の為、アクセスしづらい場合があります。ご了承くださいませ。

撮影場所はお答えできません。

画像の無断転載禁止!!

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

PR

リンク

この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

駅の時計

アクセスランキング


[ジャンルランキング]
車・バイク
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
17位
アクセスランキングを見る>>

FC2Blog Ranking

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村

乗り物 ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

検索フォーム

FC2カウンター

Top


<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。