FD830 Blog Truck-Channel

h1 { font-size : 120%; }

 FD830ブログ トラックチャンネル  昭和の懐かしい旧型トラックと、ゲテモノ系トラックに力を入れていきます。 ただいまカテゴリーの整理中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2
にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村
バリュー ヘビフレ 【最新トラックのプラモデル 】AMT REVELL ITALERI

全国完全無料出張査定!(離島含む) トラック・バン高額買取りなら【トラック買取.com】

三菱ふそう レイコサスペンション トラックの足回り・下回りについて

CIMG2335.jpg

CIMG2337.jpg

渋滞中に対向車線に目をやると、初期型スーパーグレートの鉄道コンテナ車が。
このコンテナ車、他のトラックでは見られない軽量サスペンション装着車をしばしば見ることができます。
レイコサスペンションです。

レイコサスといえば、エアサス・トラニオン・ウォーキングビーム以外のトレーラー用サスペンションではお馴染みですが、単車のトラック用にも設定がありました。


このレイコとは、発明者の人名、れい子さんではありません(笑)
実は、アメリカのトラック・トレーラー用サスペンションを製造するメーカー、Reyco Granning社(=レイコ グラニング社)の社名が由来のようです。


詳細画像です。
102_Enlarge.jpg
http://reycogranning.com/cat.php?p=2957&t=1

一点集中のトラニオンと違い、フレームに3点で取り付けるため、その分補強を簡素化でき、軽量化につながると言う訳です。その形状から『3点支持式』とも呼ばれるようです。

また、アメリカではその4つのリーフスプリングから成る形状から、『4-spring suspension = フォー スプリングサスペンション』と一般的に呼ばれているようです。
しかし、サスペンションストロークが少なく、オフロード性能や耐久性はトラニオンには敵わないようです。

画像 2 をよく見ると、駆動軸と引きずりの2軸間にあるイコライザーの取り付けてあるブラケットと、イコライザーの支点自体が、駆動軸寄りになっているのがわかります。
これにより駆動軸側に荷重がかかり、トラクションが掛かる訳です。ちょうどGVW20トン・22トンのトラニオンと考え方は同じですね。
また、GVW20t車であれば、引きずりのタイヤのアウターを外してもOKです。
実際、平成一桁台までは、このコンテナ車はアウターを外している個体を見かけました。


エアサスが高価で重量も重く一般的ではなかった頃、このレイコサスは一定の需要はあったようです。
しかし、今日ではエアサスが車種によっては標準装備されるほど一般化したため、おそらくこのレイコサスは消滅してしまったと思われます。


ちょっとマニアックな足回りのお話でした。



 



大型特装トラックのすべて (モーターファン別冊 働く自動車シリーズ)


関連記事
スポンサーサイト


web拍手 by FC2
にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村
バリュー ヘビフレ 【最新トラックのプラモデル 】AMT REVELL ITALERI

全国完全無料出張査定!(離島含む) トラック・バン高額買取りなら【トラック買取.com】

Comment

2013.06.07 Fri 14:10  

レイコサス、25t車が出るまではそれなりに居ましたよね。
エアサス自体は1950年代から在るわけですが本当の意味での普及は、4×2のトラクタがU-頃から、単車はギガmax~でしょうね。

後後輪アウター外しは70年代迄は普通でしたが、80年代に入り殆ど無くなりましたね。
実際にふそうのウイングを運転したこともありますが、空車だからか、極端にふらつく感じもしませんでしたがね~
  • #3pOMZpA.
  • 元はとばす
  • URL
  • Edit

2013.06.08 Sat 00:58  Re: タイトルなし

> レイコサス、25t車が出るまではそれなりに居ましたよね。
そうですよね、たま~に見ましたが、エアサスよりは全然居た感じですね。

> エアサス自体は1950年代から在るわけですが本当の意味での普及は、4×2のトラクタがU-頃から、単車はギガmax~でしょうね。
もう、ギガマックスとフォワードマックスはそれぞれのクラスのエアサスの普及にすごい貢献したと思います。
1997年でしょうか、ギガマックスのCMで、段差をなめるようにして走るシーンには見入ってしまいましたよ。

>
> 後後輪アウター外しは70年代迄は普通でしたが、80年代に入り殆ど無くなりましたね。
その中でも、コンテナ車やタンクローリーは後年まで生き残っていましたが、やはり20トン超車に代替されていくにつれ、見かけなくなりましたね。

> 実際にふそうのウイングを運転したこともありますが、空車だからか、極端にふらつく感じもしませんでしたがね~
過積載でもしない限り、GVW20トン車の引きずりには、ダブルタイヤがオーバースペックだったのかもしれませんね(笑)

2013.06.08 Sat 16:05  

レイコさん発明のサスではなかったんですね・・・www

正直ワタクシ、足回りの構造やなんかには疎いもので、勉強になります・・・m(_ _)m
  • #MaEjhpKQ
  • 腹黒175A
  • URL
  • Edit

2013.06.11 Tue 15:40  

レイコサス、確かに気にして見ると見かけないですね。
ほとんど、コメントされている通りなんですが、元々そんなには出回っている物ではなかったですよね。

最後に見た記憶があるのは、10年くらい前にローリーで見たスーパーグレートのが最後かな~。
  • #-
  • とうえい
  • URL
  • Edit

2013.06.12 Wed 12:57  Re: タイトルなし

> レイコさん発明のサスではなかったんですね・・・www
>
> 正直ワタクシ、足回りの構造やなんかには疎いもので、勉強になります・・・m(_ _)m

れい子さんではなかったですw
逆に乗用車のほうは疎いですよ・・・

2013.06.12 Wed 13:02  Re: タイトルなし

> レイコサス、確かに気にして見ると見かけないですね。
> ほとんど、コメントされている通りなんですが、元々そんなには出回っている物ではなかったですよね。

自分が見たのは殆ど鉄道コンテナのトラックです。
日野からはZサスペンションという軽量サスも出ていましたよね。

> 最後に見た記憶があるのは、10年くらい前にローリーで見たスーパーグレートのが最後かな~。
ローリーも過積載の心配がないのでレイコサス向きですよね。しかし今はエアサスなんでしょうね。







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://fd830.blog121.fc2.com/tb.php/451-d7ba2645

この記事にトラックバック(FC2Blog User)


Home

PR.


プロフィール

FD830

Author:FD830
はじめまして。
月に一度は、山間部・農村部方面にドライブへ行き、草ヒロ探索を楽しんでいます。
昭和の匂いのする物や風景が好きです。
また、新・旧アメリカンなモノも好きです。

コメント・メッセージお気軽にどうぞ!

FD830に成りすましたキ〇ガイとは、当方は一切関係ございません。
キ〇ガイ・荒らしの『キモ微』対策の為、アクセスしづらい場合があります。ご了承くださいませ。

撮影場所はお答えできません。

画像の無断転載禁止!!

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

03 ≪│2018/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

PR

リンク

この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

駅の時計

アクセスランキング


[ジャンルランキング]
車・バイク
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
18位
アクセスランキングを見る>>

FC2Blog Ranking

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村

乗り物 ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

検索フォーム

FC2カウンター

Top


<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。