FD830 Blog Truck-Channel

h1 { font-size : 120%; }

 FD830ブログ トラックチャンネル  昭和の懐かしい旧型トラックと、ゲテモノ系トラックに力を入れていきます。 ただいまカテゴリーの整理中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2
にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村
【新作トラックプラモデル】アオシマ フジミ

全国完全無料出張査定!(離島含む) トラック・バン高額買取りなら【トラック買取.com】

日野 ドルフィン FN 屈折はしご車 新春旧型トラック特集 6

CIMG3406.jpg

2012/01/09 群馬県

他の目的で来ていたのですが、いつか訪れようと思っていたので下見に来たところ、偶然点検の為に車庫から出ていました。

群馬県の藤岡市、多野藤岡広域消防本部にある、日野ドルフィンFN 屈折はしご車です。
(ドルフィンの名前が付いていなかった時代かもしれませんが、ここではドルフィンとします。)

1983年式(昭和58年式)前2軸の3軸車(前ダブ)で、型式はFN、2桁の数字はエンジンによって変わるようで、27の場合は6気筒エンジンの270馬力です。

この年式あたりの日野の消防車は、3軸車でも6気筒生エンジンが主流のようでした。ふそうがTシリーズから長らくV8エンジンだった事を考えると、ちょっと寂しい気がします。
この巨体にはちょっと非力だと署員の方も仰っていました。

ZM/KF/TC/KBの後期型からと比べると、随分大人しい淡白な?表情になってしまい、当時を知る人の話だと、このドルフィン初期型はドライバーの間では評判がイマイチだったとか。
旧型トラックファンの間でも。この丸目のドルフィン、今では珍しいとは思われていても、あまり多くは語られる事は無いようです・・・


しかし個人的に魅力を感じる部分があります。
この丸目の初期型ドルフィン、単車なのにフルエアーブレーキなんです。フルエアーは丸目だけで、シャッターグリル以降はエアー油圧ブレーキです。

今でこそ単車でもフルエアーは当たり前ですが、当時の国産大型の国内向け公道用トラックでは、他社がエア油圧なのに、日野が唯一単車でフルエアーブレーキでした。(日野でも4軸のKSはエア油圧だったようです)

その事からも、この丸目の前期型、中身はZM/KF/TC/KBからの流れを色濃く感じられますよね。


CIMG3395.jpg

フロントのエアーチャンバー
現在主流のウェッジ式ではなくSカム式のフルエアー

署員の方の話だと、『乗り慣れたせいもあるからか、あまり癖は感じませんよ』との事です。


では、そのブレーキ音も入った動画をどうぞ!





CIMG3375.jpg

サイドです。上物は、引退した君津の1982年(昭和57年)の三菱ふそう FT後期型 消防車と同じで、モリタ製。
年式も近い事もあって、細かい違いはあっても、見た感じほぼ同じに見えます。

CIMG3312.jpg

リアです。
この辺も三菱ふそう FT後期型 消防車と同じように見えます。バケットを含むと、幅は車体より小さいですが、結構なオーバーハングになりますね。

屈折タイプのメリットは、この先折れの部分から直接現場にバケットを付けられ(寄せられ)、降りられる事だそうです。今でこそ、はしご型でも先端が折れるようですが、当時のはしご車はまっすぐ伸びるだけでしたからね。

逆にデメリットは、アーム?ブーム?を伸ばす際の取り回しだそうで、はしご型が目的の場所まで真っ直ぐ伸ばすだけに対して、操作が難しいそうです。


CIMG3334.jpg

署員の方のご好意で、キャビンに乗せていただきました。



キャビン内の動画です。

ほんと広々していますね。アメリカのスリーパー付のキャブオーバートラックもこんな感じなのでしょうか。
トラックなのに前後に空間があるって不思議な感じです。

また、先ほど寂しいと言った直6エンジンですが、低音がきいてなかなか迫力ある音です。
外装?エンジンも?整備したそうなので、とても綺麗で調子が良さそうです。


最後に、対応してくださった署員の方々、お忙しい中ありがとうございました。
特に屈折型とはしご型のメリット・デメリットのお話は、とても勉強になりました。



関連記事
スポンサーサイト


web拍手 by FC2
にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村
【新作トラックプラモデル】アオシマ フジミ

全国完全無料出張査定!(離島含む) トラック・バン高額買取りなら【トラック買取.com】

Comment

2013.01.13 Sun 00:31  

このドルフィンも見たことあります(笑)
藤岡市内を走行中、並走しました。友達を横に乗せていたため、撮影はできませんでした…

僕は丸目のドルフィン大好きですけどね。幼稚園生のころ、近所の資材置き場に入ってくるダンプのうち、1台だけいた丸目ドルフィンを何故かよく覚えてます。スーグレが出始めたころの話ですので、すでに旧車の部類で目立ってました(笑)

丸目のみフルエアだったんですか!!それは知りませんでした。
ドルフィンは丸目とシャッターグリルで別物に近いくらい進化したんですね。
  • #WwsFi/EQ
  • EP100
  • URL
  • Edit

2013.01.13 Sun 03:06  テラナツカシ

十数年前に大型免許盗って…じゃなかった、取って最初に運転したのが丸目のドルフィンのミキサー車でした。
このドルフィン、後ろツーデフのFS系なのにエンジンがこの個体と同じ直6の270馬力しかなかったから、登り坂や悪路では傭車のドルフィンやプロフィア(勿論今の前の型)、グレート等のV8勢やニューパワー、810、ギガ等のV10勢と比べるとやっぱりパワーの差を感じましたね。

でもこの頃は運転してるだけで楽しかったから、大名行列の先頭に立とうがそんなの関係ねぇ、はいっ、オッパッピー!(その頃そんなギャグは当然無かったが。)てな感じで走ってたから、大型降りた現在でもやたら速いクルマがあたしののクルマにピッタンコと付こうものなら、だったら抜かせば。その代わりあたしを巻き添えにするんじゃないよ、このタコ…てな感じで走れるようになりました。

話は大きく脱線しましたが、現在の大型車が4トンベースの増トン車や、本当の大型車のスペックがV8やV10のような強力エンジンに換わって直6のターボ車ばかりになるのを見る度に、時代の流れをこの年になって感じてしまいます。


てな訳で長文スマソ
  • #RUTLhik2
  • 元ミキサー乗り
  • URL
  • Edit

2013.01.13 Sun 11:39  Re: タイトルなし

世代的にかもですが、丸めドルフィンなら、デビューの数年前のZM/KF系に趣を感じてしまうんですよね~
もちろん、ドルフィンも好きなんですけどね。


> 丸目のみフルエアだったんですか!!それは知りませんでした。
自分もここ数年に知りました(汗
丸目ドルフィンFNのカットイラストが、何故かフルエアーだったのは十代の頃に疑問には思っていたんですが、
間違いではなかったんですよね。

2013.01.13 Sun 11:54  Re: テラナツカシ

元ミキサー乗り様

はじめまして。コメント有難うございます。

> このドルフィン、後ろツーデフのFS系なのにエンジンがこの個体と同じ直6の270馬力しかなかったから、登り坂や悪路では傭車のドルフィンやプロフィア(勿論今の前の型)、グレート等のV8勢やニューパワー、810、ギガ等のV10勢と比べるとやっぱりパワーの差を感じましたね。

やはり非力だったんですね。まだまだV型がメインだった頃に直6生のミキサーは逆にレアでしたね?


>直6のターボ車ばかり

せめてV8ターボあたりを復活させて欲しいですが、今更無理なんでしょうね・・・
4tに4気筒・5気筒が主流になるとは思いませんでした。

2013.01.14 Mon 08:43  苦い思い出

ドルフィンの生の直6と言えば、過去の苦い経験を思い出します。
皆様もコメントしていますが、本当に非力でした。
FWの低床4軸車でしたが、十数年前に一度乗った事があり、乗り慣れていない事もあって、坂道発進で泣きそうになった事を今でも覚えています。
この頃ドルフィンは、デコンプが付いていて初めて乗った時に、どうしてエンジンが切れないのか、数分悩んだ事もありました。

今となっては、笑えるような話しにりましたけどね。
  • #-
  • とうえい
  • URL
  • Edit

2013.01.14 Mon 19:16  タイトル未定

丸目のドルフィンを5ヶ月位乗り、次に与えられたのが蜂の巣グリルでした。(これもツーデフ直6のFS27だった)
で、蜂の巣にしばらく乗り、車検が来たので代車として丸目を角目トレーラーグリルに替えた…という訳わかんないのに乗ったのですが、最初エンジン掛けようとしたらウンともスンとも言わない。
さてどうしたものか、と思って運転席の右下を見た瞬間思い出しました。

丸目のドルフィンって、メインスイッチを引っ張らないとエンジンが掛からないのでした。

ちょっと乗らないだけでメインスイッチの存在を忘れてしまうとは…

そうそう、あたしがミキサー乗ってたG阜県では、山間部中心で走る生コン屋さんはV8(いすゞはV10)を、平地中心で走る生コン屋さんは直6を、という具合に分けてました。
(でもあたしが常傭で入ってた生コン屋では、平地中心なのにFS66(V8、360馬力)なんてモンスターミキサー車を導入してましたが…)
  • #RUTLhik2
  • 元ミキサー乗り
  • URL
  • Edit

2013.01.14 Mon 21:40  

このドルフィンはしご車。自分は2年前に群馬探索時に偶然発見して見学せていただきました。ドルフィンほど古くはありませんが、たしか4代目中期エルフがいたのも記憶しています。署員の方々は大変ご親切で、庁舎裏のグラウンドで稼働シーンを見せていただいた時はもう感動でしたよ!

撮影当時では2度オーバーホールしたというお話で、屈折・伸縮ともに快調だと言われていました。低層階の一戸建てから少々大きめのビルまで対応できるという事ですが、3軸のドルフィンだけあり、狭い住宅地ではハンドリングに苦戦するそうです。(笑)

2013.01.18 Fri 10:15  

とうえい様

運転したことがあるんですか。今となっては貴重な体験をされましたね。

デコンプの存在は大人になってから知りました。幼少期、そのエンジンを止める際の儀式を見たことが無いんですよね。

とうえい様にとって思い出の一台なんですね。

2013.01.18 Fri 10:25  

元ミキサー乗り様

メインスイッチというのもあるんですね。

同じFSとはいえ、270馬力と360馬力とではえらい違いでしょうね(笑)

2013.01.18 Fri 10:32  

M氏様

2度オーバーホールをしていたんですね。

丁度、裏で点検を終えて車庫に入れる時の訪問だったので、自分も機会が有ったら点検中の様子も見てみたいですね。

>3軸のドルフィンだけあり、狭い住宅地ではハンドリングに苦戦するそうです。(笑)
実際、出動するも狭くて現場に入れなかったことが最近有ったらしいです(汗







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://fd830.blog121.fc2.com/tb.php/361-dd0d9c6a

この記事にトラックバック(FC2Blog User)


Home

PR.


プロフィール

FD830

Author:FD830
はじめまして。
月に一度は、山間部・農村部方面にドライブへ行き、草ヒロ探索を楽しんでいます。
昭和の匂いのする物や風景が好きです。
また、新・旧アメリカンなモノも好きです。

コメント・メッセージお気軽にどうぞ!

FD830に成りすましたキ〇ガイとは、当方は一切関係ございません。
キ〇ガイ・荒らしの『キモ微』対策の為、アクセスしづらい場合があります。ご了承くださいませ。

撮影場所はお答えできません。

画像の無断転載禁止!!

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

PR

リンク

この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

駅の時計

アクセスランキング


[ジャンルランキング]
車・バイク
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
14位
アクセスランキングを見る>>

FC2Blog Ranking

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村

乗り物 ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

検索フォーム

FC2カウンター

Top


<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。