FD830 Blog Truck-Channel - 2013年01月

FD830 Blog Truck-Channel

h1 { font-size : 120%; }

Date : 2013年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2
にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村
【新作トラックプラモデル】アオシマ フジミ

全国完全無料出張査定!(離島含む) トラック・バン高額買取りなら【トラック買取.com】

日野 700 Series ZY 8x4ダンプ 前編 過去の写真 no.73

CIMG6625.jpg

2011/12/06

ファイルが一時行方不明になってしまいかなりお待たせしましたが、『2011 東京モーターショー』に出展されていた日野 プロフィアの海外仕様、700シリーズ ZYです。
インドネシアの石炭輸送で活躍しているダンプトラックです。

画像が多い為、二回に分けてお伝えします。今回は外装・足回り編です。

CIMG7128.jpg

全長約10メートル、全幅約2.6メートル、全高は約3.7メートル(ベッセルのプロテクター部)です。
4軸8x4で積載量は35トン。図体とベッセルの容積から考えると、控え目な感じがします。
実際は山積みで軽く35トンは越える気がします。

CIMG6420.jpg

オフロード用のたくましいパターンのタイヤは、ブリヂストンの海外向けモデル?のL317。サイズは12R24のチューブタイプ。直径は約1250mmで、平均的な成人男性の胸程の高さ。
ホイールは24インチで幅は9Jだと思われます。
3軸のZSはキャストスポークであったのに対して、こちらは10スタッドのディスクホイール。
見覚えのあるデザインだと思ったら、年式の新しいベンツ 4850/3850や、4054等の24インチホイールと同じようです。飾り穴が開いていますが、けっこうな厚みがありました。

CIMG7406.jpg

CIMG7443.jpg

フロントの足回りです。
公道向けとは比べ物にならないくらい、リーフ枚数が多いですね。
スタビライザーが付いていますが、頼りないような?
汚れ方から分るように、実はこの車両は輸出待ちの新車ではなく、現地で使用したものとのこと。
おそらくデータ取りで分解・オーバーホール。そのついでにお色直しして今回の展示と思われます。

CIMG6545.jpg

リアのトラニオンサスペンション。
こちらもリーフスプリングの枚数が多いです。

n.jpg

CIMG7324.jpg

アクスルハウジングは、公道向けをベースに強化されているようで、デフ部分の両サイドから全体的に補強され太くなってるように見えました。
ブレーキは、国内向けトラックでは一般的なウェッジタイプではなく、Sカムタイプ。
長細いチャンバーから分るように、後前軸がマキシチャンバーのパーキング用。
後後軸のチャンバーは高い位置にあり、オフロードでのヒットを避けようとしているのが伺えます。

CIMG7187.jpg

意外にもマフラーは煙突マフラーではなくサイド排気。
アルミのエアタンク4本に囲まれるようにバッテリーがありました。
オフロードでの最低地上高を稼ぐべく、高い位置にマウントされています。

CIMG6468.jpg

手前のタンクは後ろに見えるホイスト(油圧シリンダー)のオイルタンクでしょうか。

CIMG6555.jpg

とにかく大きい、インドネシアのPATRIA製のベッセル。
35㎥のキャパシティで最大ダンプ角は45°だそうです。

先ほどのスタッフお疲れ気味(笑)



次回はキャビン・内装編です。

スポンサーサイト


web拍手 by FC2
にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村
関連記事
【新作トラックプラモデル】アオシマ フジミ

全国完全無料出張査定!(離島含む) トラック・バン高額買取りなら【トラック買取.com】

日野 165 ハイブリッド (北米専用モデル 600シリーズ) 過去の写真 no.72

CIMG1158.jpg

2011.

会社の研修で訪れた『日野自動車羽村工場 お客様テクニカルセンター』にあった、北米専用モデル600シリーズの165 HYBRIDです。

メッキパーツと鮮やかなメタリックのカラーリングで華やかなこのトラック、2004年の東京モーターショーにも展示されていたので、見覚えのある方も多いと思います。

165はGVW(=車両総重量)が7トンクラス。600シリーズは、GVW5トンの145から、15トン338までラインナップされています。
(現在は軽量級は300シリーズ(現行デュトロ)がカバーしているようです。)

CIMG1136_20130126122824.jpg

横です。見ての通りレンジャーのキャビンを流用しています。
デザイン的にも違和感無くボンネットからキャビンへとマッチしています。

レンジャー乗りだとわかると思うのですが、明らかに他の4トンよりキャビンが狭いです。上から見るとフロントガラス側がベッド側より狭くなっています。
現行レンジャーの先細りのキャビンはこのボンネットに流用することが前提の設計だったのかもしれませんね。

165はシリーズ中ではエンジンが小型なので、ボンネットが小さく、セミキャブオーバー型に近いですね。

CIMG1155.jpg

アメリカ製のボディー アメリカでは地場メインのトラックはシャッター式がメジャーのようです。

CIMG1166_20130126122824.jpg

おなじみの赤いテールマーカー

CIMG1167_20130126122823.jpg

テールランプはLED。
上はバックランプのようなので、ブレーキとウィンカー連動のようです。

CIMG1149.jpg

タイヤはブリヂストンの225/70R19.5 径は4トンと同じです。
フロントはR250リアはM729と聞きなれないもの。北米専用モデル?
ホイールは8スタッド。アキュライド製でしょうか。

CIMG1117.jpg

キャビン内の様子です。左ハンドルという違いはありますが、レンジャーそのものです。
蛍光灯は省略されているようです。

フロアーから生えたシフトレーバーが見慣れていないので新鮮に映ります。

CIMG1103.jpg

インパネです。メーターがマイル表示です。
左ハンドルなので、左レバーがウィンカーです。

CIMG1126_20130126122919.jpg

シート間にはセンターコンソール?とドリンクホルダーが。きっと走行中にはコーヒーをぶちまけるんでしょうw
ミニバンのようなセンターテーブルのほうがよさそうです。

CIMG1121_20130126122920.jpg

直立したスティック式のサイドブレーキ。手前のボタンを押しながら(握りながら)レバーを下ろしてブレーキ解除のようです。

同行した元?エンジニアの方の話では、坂道発進装置は無く、当然このサイドブレーキを併用するのですが、クラッチはメチャメチャ重く、おまけにサイドブレーキ解除には肩を右に落としこまないといけないので、運転は大変で疲れるらしいです。

この165ハイブリッドはカタログモデルではなく、ワンオフに近いものだったようで市販はされることは無かったそうです。北米でのメンテナンス・部品調達も考え半分以上がアメリカ製のパーツで構成されているようです。

もう一台、日野オートプラザにも展示してあるので、別の機会に詳細をお伝えします。


最後に説明して頂いた日野の方々、貴重なお話と貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。




追加で動画張ります。

マイチェン後の2009モデルのため、若干の違いはあります。





web拍手 by FC2
にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村
関連記事
【新作トラックプラモデル】アオシマ フジミ

全国完全無料出張査定!(離島含む) トラック・バン高額買取りなら【トラック買取.com】

日野 HEハイキャブ 新春旧型トラック特集 8

CIMG3130.jpg

2013/01/01 群馬県

日野 HEハイキャブです。フロントアクスルがセットバックされ、オーバーハングが増えた後期型(1976-1980年)です。キャビンは艶々で、傷や歪みのない極上車ですね。当時っぽいカラーリングがカッコイイです。

当時を知る方々が『HEハイキャブは当時のトレーラー乗りの憧れで、乗務出来るのはステイタスでもあった』と口をそろえて言っていました。

ナンバーは付いているものの、車検ステッカーが大きいことから、車検ステッカーが小型化された2004年かそれ以前に現役を退いたようです。

CIMG312700.jpg

リアです。
丸いテールレンズが1970年代の雰囲気ですね。
総輪チューブレスのタイヤ&ホイール、反射板が、比較的近年まで現役であったように考えられます。

また、タイヤの汚れ方・すれ具合、車体下に塵が積もっていないことから、公道引退後の現在も時々動かされているのかもしれません。

CIMG314300.jpg

フロントマスクです。

単車の標準キャビンから、よくこのハイキャブ化とトレーラーグリルが考えられたなぁ~
と見る度に感心してしまいます。
各社ハイキャブはありましたが、完成度と見た目のカッコ良さは、HE/HHハイギャブがダントツですね。
また、トレーラー専用のバンパーも歪みが無くきれいで、オーバーライダー付きと言うのも今となってはめずらしい気がします。


年明け早々ハイキャブ2台が見れ、幸先のいいスタートとなりました。
今年も見たことの無いトラックと出会ってみたいですね。以上、新春旧型トラック特集でした。



日野HE366型 カートランスポーター (緑) トミカリミテッドヴィンテージ

【日野 HH トラクターヘッド プラモデル ヘビーフレイト No.17 予約】アオシマ 1/32




web拍手 by FC2
にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村
関連記事
【新作トラックプラモデル】アオシマ フジミ

全国完全無料出張査定!(離島含む) トラック・バン高額買取りなら【トラック買取.com】

いすゞ TX ボンネットトラックの消防車 新春旧型トラック特集 7

CIMG3412.jpg

CIMG3416.jpg

2013/01/09 群馬県

過去の記事でお伝えした埼玉県のいすゞ TX消防車から約半年。
今度は群馬県でTXを見る事ができました。
こちらもポンプ車のようです。

よく見ると埼玉のTXと比べてホイールベースが長いですね。

赤が眩しい位の艶々ボディーですが、最近リペイントされたばかりなのでしょうか。
やはり、ドアは付いていないようです・・・
外はきれいですが、半オープンの内装のダメージが心配になってしまいます。


少し前までは公園や幼稚園の遊具としてネット上で確認できたTX消防車。
ほかの旧型同様、撤去が進んでいるようです・・・ 
この顔もなかなか見れなくなってしまうのかもしれませんね。





web拍手 by FC2
にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村
関連記事
【新作トラックプラモデル】アオシマ フジミ

全国完全無料出張査定!(離島含む) トラック・バン高額買取りなら【トラック買取.com】


PR.


プロフィール

FD830

Author:FD830
はじめまして。
月に一度は、山間部・農村部方面にドライブへ行き、草ヒロ探索を楽しんでいます。
昭和の匂いのする物や風景が好きです。
また、新・旧アメリカンなモノも好きです。

コメント・メッセージお気軽にどうぞ!

FD830に成りすましたキ〇ガイとは、当方は一切関係ございません。
キ〇ガイ・荒らしの『キモ微』対策の為、アクセスしづらい場合があります。ご了承くださいませ。

撮影場所はお答えできません。

画像の無断転載禁止!!

最新記事

最新コメント

カレンダー(月別)

12 ≪│2013/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

PR

リンク

この記事にリンクを貼る

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

駅の時計

アクセスランキング


[ジャンルランキング]
車・バイク
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国産車
14位
アクセスランキングを見る>>

FC2Blog Ranking

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村

乗り物 ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

検索フォーム

FC2カウンター

Top


<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。